九州支部の皆様、14日以来の大きな地震と繰り返される余震に、不安な日々をお過ごしのことと拝察いたします。どうぞお気を付けてお過ごしください。
早く平穏な日々が戻ってきますよう、心からお祈りいたしております。
(4/14)
先週理事選挙関係の書類を、選挙人の皆様にお送りいたしました。選挙の投票期間は3月1日から30日までです。一人でも多くの会員の方からの投票をお待ちしています。どうぞ、よろしくお願いいたします。(2/29)
10月21日に、「事務局だより」(#10)と会費の請求書をすべての会員の皆様に発送いたしました。さっそくに多くの会員の皆様から会費のご送金をいただきほんとうにありがとうございます。また、団体会員にご登録をいただいている園からも、さっそくにご返信いただき感謝に堪えません。団体会員にご登録いただいている各園の先生方には、引き続きご協力をよろしくお願い申し上げます。(11/2) 寒さ厳しい新年を迎えました。今年もよろしくお願い申し上げます。昨年は自然の災害が多く、会員の皆様の中でも被害に遭われた方がいらっしゃったと思います。事務局でその状況のすべてを把握しかねました。お見舞いも申し上げられずに申し訳ありませんでした。今後、なるべく被害に遭われた会員の情報をキャッチするよう努めます。本年は自然の災害の少ない、穏やかな一年になってほしいと願っております。さまざまなご意見や情報を会員の皆様からお寄せいただきたくよろしくお願い申し上げます。(1/5)
10月末から11月の初めにかけて「事務局だより」(9号)と会費の請求書をすべての会員の皆様にお送りいたしました。早速に多くの会員の方々から会費をお送りいただき、誠にありがとうございました。なお、「事務局だより」の届いていない会員がいらっしゃいましたら、どうか事務局までお申し出くださいますようよろしくお願い申し上げます。(11/15) 今週も大気が不安定な日が続きました。全国いたるところで豪雨があり、大変な状況が発生したようです。被害にあわれた会員ならびに施設、そしてその関係者の方々にお見舞い申し上げます。(9/12)
最近の豪雨には驚くばかりです。昨日も広島市安佐北区および安佐南区を襲った豪雨とがけ崩れでは、亡くなった方も数多くいらっしゃるとのこと。たくさんの方々が今、悲しんでいらっしゃるでしょう。協会関係者の方々はご無事だろうかと案じておりますが、離れていますと何もわからず、何もできません。これ以上私たちの命を脅かすような大雨・大風が来ませんように。恐ろしい自然の横顔をもう見なくてもよいよう、祈り上げます。(8/21) 8月6日から8日まで、47回当協会全国大会(学会)が開催され、盛会裏に終了いたしました。参加をしてくださった会員の皆様、関東支部の実行委員のご尽力に心から感謝をいたします。台風の影響を受けた大雨でお出かけになりにくかった会員の方も数多くお出でのことと思いますが、641名という多数のご参加を得られてうれしく存じます。また、外は猛暑でしたが、幸いにも涼しいお部屋で学ぶことができ、本当に華やかな花火を見ることもできました。実行委員会の企画力に驚きと感謝!(8/9) 先月末、学会誌『モンテッソーリ教育』(46号)を発送いたしました。また、大会のご案内も大会事務局から発送されました。これらがお手元に届いていない会員がいらっしゃいましたら、至急事務局までお申し出ください。(6/3) 会員の皆様にお願いがあります。現在事務局では、新しい名簿を作成中です。
住所変更や団体の責任者名の変更がおありの場合には、ぜひ、お届を願いたいと思います。fax・電話(いずれも03−3814−8308)でも、メール(montessori1968@nifty.com)でもお受けいたします。くれぐれもよろしくお願いいたします。(4/20)  朝夕は関東地方でもかなり冷え込むようになりました。11月には、個人、団体、維持それぞれのたくさんの会員の方々から年会費のお支払いをいただき、誠にありがとう存じました。お預かりいたします。今年も大変お世話になりました。なお、東北支部への義捐金は現在でも受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。忘るまじ、東日本大震災を、原発問題を。(11/28) 10月も自然の災害にさいなまれて過ぎていこうとしています。伊豆大島の島民の方々には心からお見舞い申し上げます。さて、先週17日、事務局だよりと会費の請求書を会員各位にお送りいたしました。昨日、10通ほどが戻ってきていましたが、早速40名の会員の皆様からの会費の送金を確認いたしました。まことにありがとうございました。このたよりがまだ届いていない会員の方がいらっしゃいましたら、水曜日に事務局までご連絡ください。また、会費請求についてご不審がおありでしたら、やはり水曜日にご連絡をいただければ幸いです。(10/24 )
今日は日本列島を台風18号がほぼ縦断しました。風雨の被害にあわれた会員の方々もお出でのことと思います。お見舞い申し上げます。最近日本のどこかで何かしらの災害が発生しているような気がいたします。自然の威力には抗いかねますが、明日は無事であるよう心から祈ります。(9/16)
日本モンテッソーリ協会(学会)46回大会の写真がアップされました。この画面上部の「日本モンテッソーリ協会全国大会(学会)」をクリックしてください。さらに、「過去の大会履歴はこちら」をクリックしていただきますとご覧になれます。(8/19 )
日本モンテッソーリ協会(学会)第46回全国大会は、500人超の方々にご参加をいただき成功裏に終了いたしました。南国情緒溢れる宮崎の地で、基調講演、研究発表、シンポジウムなどを通して、多くを学ぶことができました。会場からは太平洋を臨むことができ、外は猛暑だったでしょうが、会場はクーラーが効いていて、終始快適でした。九州支部の皆様には、どんなにご苦労をいただいたことかと、心から感謝を申し上げる次第です。来年は横浜(パシフィコ横浜)で、関東支部の皆様のお世話で開催される予定です。会員諸氏が振るって参加されることを願っております。(8/6)
会員の皆様のお手元にはすでに46回大会実行委員会からのご案内が届いていることと思います。九州支部の実行委員会では、1年以上前から準備が進めれられてまいりました。一人でも多くの会員がご参加になりますように、ご協力よろしくお願いいたします。申し込みの締め切り日は6月28日(金)です。46回大会を成功させましょう。(6/17)
ご無沙汰をいたしました。前回アップをしてから冬が過ぎ、春も行き、つかのまの初夏も姿を消し、今梅雨を迎えています。この間協会では、2回の常任理事会、理事選挙、学会誌の発行・発送などが行われました。とりわけ、理事選挙では会員の皆様にご協力いただきましたことを感謝申し上げます。
もし、『モンテッソーリ教育』(45号)がまだお手元に届いていない会員のかたがいらっしゃいましたら、ぜひ、事務局までお知らせください。また、住所等に変更がございましたら、こちらも事務局までご一報ください。(5/30) すっかり秋が深まってきました。お変わりありませんか。事務局ではようやく、「事務局だより」(bV)の発送が終了に近づきました。おかげさまで早速に会員のみなさまから年会費をお送りいただいています。本当にありがたいことです。お預かりいたします。なお、本年は払込票にお書きいただくことが増えました。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。(11/8) 残暑お見舞い申し上げます。立秋を過ぎて、通り過ぎる風がずいぶん涼しくなりました。さて、8月3日~5日には、名古屋にて本協会第45回大会が開催されました。参加者数は、540名余とうかがっております。基調講演、スカイプによる特別講演、シンポジウムには、みな熱心に耳を傾けました。初日の研究発表とビデオ発表では、予想以上の参加者が集まった会場もあり、白熱したものがありました。30年以上前、上智大学を会場に行われたころの熱気を思い出させるものがありました。大会実行委員の先生方には本当にお世話になりました。また、資料を封筒詰めしてくださったり、急いで不足分の資料を作ってくださったり、椅子を運んでくださったりした方々のそれぞれのお働きが、大会の成功という大きな事実に貢献したのです。そして、全国から名古屋にやって来て大会を盛り上げてくださった参加者の方々に心から感謝をいたします。お暑さが残ります。お互い健康に留意をして、また今日から励みましょう。(8/9)
会員の皆様にはお変わりありませんか。ただ今中部支部の森下支部長を中心に、第45回全国大会の準備にお骨折りをいただいています。「大会案内」はお手元に届きましたか。また、『モンテッソーリ教育第44号』の発送も完了しております。会員の皆様のなかでこれらの配布物をお受け取りになっていらっしゃらない方は、すぐに事務局(電話03-3814-8308)にご連絡をください。(5/28)
昨日3月10日、聖イグナチオ教会ザビエル聖堂にて、高祖上智学院理事長の主司式により、故ルーメル名誉会長(理事長)の一周忌の追悼ミサが行われました。聖堂にはいっぱいの人々が集まり、ルーメル神父様を偲び、祈りました。また、このおミサは、東日本大震災で犠牲になった方々や被災された方々のためにも捧げられました。本日は、あの日からちょうど1年目を迎えました。東北地方ではもちろん、全国で追悼の会が催されているようです。痛みは容易に癒えることはないと思います。原発事故をも含めて、私たちだれにでもにできるのは、「忘れないこと」ではないかと思います。忘るまじ、3.11!(3/11) 故ルーメル名誉会長(理事長)の一周忌追悼ミサのお知らせが届いています。
日時:2012年3月10日(土)14:00〜
場所:聖イグナチオ教会 ザビエル聖堂
主司式司祭:上智学院理事長 高祖敏明
追悼ミサ後、岐部ホール(301)に温かい飲み物と軽食を準備してございますので、どうぞご歓談ください。『ルーメルファミリー回想 ルーメル神父追悼文集』が配布されます。
問合せ先:山本雅子 03-3341-0091
経費(軽食 通信 会場 謝礼他):3千円(振込先:三井住友銀行麹町支店(普)8820951 ルーメル会/お振込みには必ず氏名をご記入ください。)(2/3) 昨年12月31日までの、東北支部への義捐金の総額は、1,085,184円に上りました。これは、佐々木東北支部長さんに送金され、各施設に配分されます。そして、その報告もなされる予定です。なお、事務局では、今後も継続して義捐金を受付させていただきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。(1/27) すでに七草も小正月も過ぎてしまいましたが、ことしもよろしくお願いいたします。昨年のことが、新年を迎えましても強く心に残っています。さて、東北支部の義捐金につきましては、昨年12月31日までに約90の個人または団体からの温かい心が寄せられました。ありがとうございました。詳細は追ってお知らせいたします。また、第45回大会実行委員会から、「研究発表の募集」のお知らせが会員各自に送られました。もし、このHPをご覧の会員で、それが届いていないという方がいらっしゃいましたら、協会事務局に、電話またはFAXでお知らせください。番号はいずれも03−3814−8308です。以上よろしくお願いいたします。(1/17)
今年のカレンダーが残り少なくなってまいりました。月日の経つのはなんと早いことでしょう。さて、昨日、「事務局便り#6」の会員の皆様への発送を終了いたしました。1週間以内にそれがお手元に届かない場合には、事務局にご連絡ください。また、会員各自の会費納入状況についてもお知らせいたしましたので、何分よろしくお願いいたします。名簿の差替えと正誤表も同封いたしました。残念ながら、正誤表に誤りがありました。正誤表に示された22ページの野間教育財団は、正しくは(財)野間教育研究所です。同研究所に対しましては、ご迷惑をおかけいたしました。お詫びいたします。東北支部を応援するため、同支部への義援金を募っております。詳しくは、「事務局便り#6」の14ページをご覧ください。口座番号の記入された払込票を同封いたしました。残部がありますので、ご必要の折には事務局にご請求ください。以上よろしくお願いいたします。(11/5) *北海道支部からの大会の写真の提供がありました。どうぞご覧ください。(9/27) *当協会44回大会は、500余名の参加者を得て、昨日盛会裏に終了いたしました。北海道ではめったにないといわれるほど暑い日が続き、クーラーの恩恵に浴しました。一方で、熱の入った講義と参加者の熱意に教室は熱くなるばかりでした。しかし会は、混乱も事故もなく粛々と進行しました。これからの実践や研究に、今回の学びがきっと生かされることでしょう。今回の担当であった北海道支部のみなさまに、心からお礼を申し上げます。お疲れ様でした。また、全国から参加してくださった会員のみなさまのさまざまなご協力に感謝いたします。多くの会員が年会費をお納めくださり、入会された新しい仲間も増えました。来年の大会は名古屋で開催されます。また、大会でお会いいたしましょう。(8/9)